10月の誕生石:オパール

オパール画像

人々に幸福を与える宝石

10月は作物が実りのピークを迎え、欧米では収穫祭が行われる季節。収穫の喜びを示すように、人々に幸福を与え、「歓喜、安楽、悲哀を克服して幸福を得る」という意味を持つオパールが10月の誕生石です。

美しく輝く虹色の秘密

オパールといえば、美しい虹色の斑(ふ)が特徴的。その秘密は粒子の大きさによって光の屈折が変わり、異なる色彩を発生させる「遊色効果(プレー・オブ・カラー)」によるものです。密度や光の屈折率の異なる層からなる多層膜構造が、オパール独特の美しい色彩を生み出しているのです。

色が美しく均等に出ているものほど高価で、良質なオパールは、表面全体に遊色効果が見られます。360度どの角度から見ても異なる輝きが楽しめるのがオパールの魅力です。

多種多様なオパール

オパールは、大きく二種類に分けられます。遊色効果を持つ「プレシャス・オパール」と、不透明で遊色効果を持たない「コモン・オパール」です。その中からさらにさまざまな色のオパールに分類されます。それぞれどのような特徴を持っているか、見ていきましょう。

【プレシャス・オパール】

  • ・ホワイトオパール……やさしい風合いの白いオパール。産出量が非常に多く、日本への輸入量も多いため、プレシャス・オパールの中でもっともポピュラーです。
  • ・ブラックオパール……地色(石そのものの色)が黒かそれに近い暗い色をしているもの。オパールの中で特に価値が高く、神秘的な色で人気があります。
  • ・ウォーターオパール……無色透明〜淡い青色の地色に、緑や青の輝きを持つオパール。水滴の中に虹を閉じ込めたような美しさです。
  • ・ファイヤーオパール……赤やオレンジなど暖色系の地色のオパール。燃え盛る炎のような色をしており、情熱の国・メキシコが最大の生産地として知られています。
  • ・ボルダーオパール……原石を磨く一般的な宝石と異なり、鉄鉱石の間に入り込んだ状態で採掘されるオパール。「奇跡を起こす石」とも呼ばれています。

【コモン・オパール】

  • ・カンテラオパール……メキシコ産の母岩(「流紋岩」という火山岩の一種)付きオパールのこと。地色の美しさを誇ります。
  • ・グリーンオパール……地色が緑色で、キャッツアイ効果(光を当てると猫の目のような輝きを表す効果)に似た光の筋が見られるものは「ドラゴンアイ」と呼ばれています。
  • ・ピンクオパール……愛らしいミルキーピンクのオパール。芸術性や女性らしさを象徴しています。

世界最大級のオパール産地・クーバーペディ

オーストラリア南部に位置するクーバーペディ。1915年にこの地でオパールが発掘されて以来「オパールの都」として知られ、過去には世界最大の17000カラットの石を発掘したこともある世界最大級のオパール産地です。現在も、世界のおよそ70%のオパールが採れているといいます。

寒暖の差の激しい砂漠地帯にあるクーバーペディは、「オーストラリアの地下都市」としても有名です。昔からあるオパール採掘場の跡地を利用した建物が多く、住居やレストラン、博物館や教会なども地下に作られているのです。ほとんどの住民は「ダグアウト」と呼ばれる地下住居で暮らしており、世界でも珍しいその生活様式が話題となり、近年では観光客も多く訪れています。

オパールのお手入れ方法

独特の輝きを持つオパールは、繊細な宝石です。普段から丁寧なお手入れを心がけましょう。

普段のお手入れ

柔らかい布で全体をやさしく拭きます。

特別なお手入れ

中性洗剤を溶かしたぬるま湯にオパールを入れ、柔らかいブラシでやさしくこすって洗いましょう。終わったら真水でよくすすぎ、柔らかい布で水気を拭き取ります。

お手入れの注意点

熱や乾燥に弱いため、保管時は長時間日光が当たる場所や極端に乾燥するような場所を避けて箱にしまうなど、保管場所・保管方法に気をつけましょう。

繊細な宝石のため、超音波洗浄機の使用は控えましょう。また、着用時・保管時にぶつけたり落としたりしないよう注意しましょう。

神秘的なオパール。その美しい色彩は、じっと眺めていると吸い込まれてしまいそうな不思議な魅力を秘めています。時が経つのも忘れて、その美しさに魅了されてみては。

  • MJCコンシェルジュトップへ