紫色(パープル)の宝石

紫色(パープル)の宝石

心身のバランスを整える高貴な色

活発なイメージの赤と冷静な青の中間色の紫色は、心身のバランスを整える色として知られています。
また、かつて聖徳太子が制定した冠位十二階の中で最上位の色として紫が定められるなど、古代から日本のみならず世界各地で高貴な色として捉えられてきました。

アメシスト

2月の誕生石のアメシスト。「紫水晶(むらさきすいしょう)」という和名を持ち、紫色の宝石の代表格として知られています。

アメシストの伝説は、ギリシャ神話の有名なエピソードの一つ。
酒に酔ったバッカス(お酒の神)の凶行から身を守るため、月の女神によって水晶に変えられてしまった女官の少女・アメシスト。酔いから醒めたバッカスが反省し、水晶に葡萄酒を注いだところ、純白の水晶が紫色に変化し、これが紫色の宝石・アメシストの誕生として言い伝えられています。
アメシストの語源であるギリシャ語の「amethustos(アメテュストス)」は"酒に酔わない"という意味があり、転じて“恋に酔って溺れない”、つまり冷静を保って真実の愛を守り抜く宝石ともいわれ、「愛の守護石」という呼び名も持っています。

パープルサファイア

収集家に人気の高いパープルサファイア。サファイアはカラーバリエーションが豊富で、青以外にも黄色、緑、ピンクなどさまざまな色があります。その中でも赤みがかった紫色をしたものをパープルサファイアと呼びます。

「初恋の思い出」という石言葉を持ち、喧嘩の多いカップルがお互いに身に着けると、行き違いを解消し、愛を深めてくれるといわれています。
サファイアは硬度が比較的高いため普段使いのジュエリーに向いていますが、きちんとお手入れをすることで輝きが長持ちします。使用後は柔らかい布で全体を拭き取るようにしましょう。

  • K18WG パープルサファイア ダイヤ ネックレス

    K18WG パープルサファイア ダイヤ ネックレス(販売終了)

  • PT900/850 パープルサファイア ダイヤ ネックレス

    PT900/850 パープルサファイア ダイヤ ネックレス(販売終了)

  • サファイア ダイヤ リング

    PT900 サファイア ダイヤ リング(販売終了)

チャロアイト

ラリマー、スギライトとともに「世界三大ヒーリングストーン」に数えられているチャロアイト。

恐怖心を克服し、迷いを断ち切る力があると信じられ、ネガティブな感情をコントロールするお守りとして身に着ける人も多いといわれている宝石です。
ロシアのサハ共和国にあるチャラ川で発見されたこと、またロシア語で「魅惑」を意味する「charo(チャロ)」という言葉を由来として、1978年に名付けられたといわれています。
特徴的な紫色のマーブル模様が神秘的で、大ぶりのペンダントなどのジュエリーにも向いています。

  • /

    SV 計38ct チャロアイト 計10ct アメシスト ネックレス

    SV 計38ct チャロアイト 計10ct アメシスト ネックレス(販売終了)

  • SV 10ct チャロアイト ダイヤ 計25ct アメシスト・ロッククリスタル ネックレス

    SV 10ct チャロアイト ダイヤ 計25ct アメシスト・ロッククリスタル ネックレス(販売終了)

  • K18 ネックレス チャロアイトブラックスピネル

    K18 ネックレス チャロアイトブラックスピネル(販売終了)

ラベンダーヒスイ(ジェダイト)

淡くしっとりとしたラベンダーカラーが特徴のヒスイの一種。緑色のイメージが強いヒスイですが、赤、青、黄色などさまざまな色が産出し、中でもラベンダーヒスイはその神秘的な色合いから人気の高い宝石です。

「安定・知恵・長寿・平穏」といった石言葉を持つほか、「仕事を呼び込む宝石」ともいわれ、身に着けることで人望を集めたり、仕事を成功に導いたりするパワーがあると信じられています。
ヒスイ独特の美しい光沢を保つために、表面が汚れた場合は、乾いた布でやさしく拭きとってください。

  • ヒスイ ダイヤ ネックレス

    K18WG ヒスイ ダイヤ ネックレス(販売終了)

  • 5ct ヒスイ ダイヤ リング

    PT900 5ct ヒスイ ダイヤ リング(販売終了)

  • ヒスイ ダイヤ ネックレス

    PT900/850 ヒスイ ダイヤ ネックレス(販売終了)



品格とバランスを思わせる紫色の宝石。身に着けるだけで、大人の女性らしい落ち着きと上品さを引き出してくれるはずです。

  • MJCコンシェルジュトップへ