真珠(パール)のお手入れとマナー

お手入れの様子

真珠(パール)を長く美しく使用する5つのポイント

『女王の品格』の石言葉を持つ、高貴で純潔な宝石・真珠(パール)。その上質な輝きを保つには、普段のお手入れが大切です。

(1)着けたらその日のうちにお手入れを
真珠(パール)は汗や皮脂に含まれる酸や油分に弱く、とても繊細です。輝きを保つには、使用後にお手入れ専用のクロスなどで汚れを拭き取ることが重要。
『着けたらその日にお手入れ』を習慣づけましょう。
拭き取りの際、ネックレスは糸を引っ張らないように注意。
リングは裏側もしっかりと拭き取ります。

(2)着用はお化粧やヘアセットを終えてから
ヘアスプレーや香水、日焼け止めなどの化粧品も輝きを損なう原因になります。
準備を終えてから着用し、化粧品が極力付かないようにしましょう。

(3)保管方法も重要
高温、多湿、乾燥、直射日光の他、防虫剤も避けるようにしましょう。
また、真珠(パール)は硬度が低く傷つきやすいため、他のジュエリーと接さないよう、
専用のジュエリーケースか、仕切りのついたジュエリーケースで保管するのがおすすめです。

(4)ネックレスの糸は定期メンテナンスを
糸は使っていくうちに劣化し、のびて切れやすくなってしまいます。
普段のお手入れで拭き切れなかった珠の間の汚れや、糸の汚れも美しさを損なう要因に。2〜3年を目安に交換しましょう。
留め具の部分をつまみ、まっすぐ下に垂らしてみて、珠1個分ほどの糸が見える場合は替え時です。
また、珠の間に結び目を作りながらつなぐ『オールナッツ加工』が施されたアイテムなら、例え糸が切れてしまっても珠がバラバラに飛び散らないので安心です。

(5)困った時はプロに相談
普段のセルフケアで困ったことがあれば、迷わずジュエリーのプロにご相談を。状況に応じた、的確なアドバイスをもらいましょう。
MJCでは、アフターケアについてのご相談も承っております。気になる点がありましたら、お気軽にご相談ください。

知らないと困る、冠婚葬祭のジュエリーマナー

<結婚式は品の良いコーディネイトで>
結婚式ではある程度自由におしゃれを楽しむことができます。
ただし、花嫁よりも華美になるものは避け、上品なコーディネイトを心がけましょう。
イミテーションはマナー違反ではありませんが、やはり本物を着けたいところ。
定番の真珠(パール)アイテムはどんなドレスにも合わせやすく、上品な華やかさがあるので結婚式におすすめです。
また、一般的には黒色が目立つジュエリーは避けた方が良いと言われています。真珠(パール)も同様に黒系のものは控えましょう。

<お葬式ではジュエリーマナーを厳守>
真珠(パール)は『涙の象徴』とも言われ、お葬式に着けていくことのできる、数少ない宝石のひとつです。
ただし、お葬式に着けていけるのはイヤリング(ピアス)、ネックレス、リングまで。
いずれもシンプルなものを選び、揺れるタイプのイヤリング(ピアス)やロングネックレスは華やかな印象を与えるので避けましょう。

お葬式でのジュエリー選びのポイント

・パールの色味は『白色』『ナチュラルブルー系』『グレー系』『黒系』のいずれかを選ぶ。
・イヤリング(ピアス)は一粒タイプを選ぶ。
・リングは一粒タイプ、または結婚指輪のみにする。
・ネックレスは『不幸が重ならないように』という意味で一連タイプを選ぶ。

<注意点>

・珠の大きいタイプは華美になるので避ける。
・バロック珠はカジュアルな印象を与えるので避ける。

  • 【2点セット】約8〜10mm 黒蝶パール ネックレス&イヤリング

    【2点セット】約8〜10mm 黒蝶パール ネックレス&イヤリング

    てりがよく明るいグレー系黒蝶パール。普段使いはもちろん、安心のオールナッツ加工でブラックフォーマルにもお使いいただけます。

  • 【2点セット】約8〜10mm 黒蝶パールパール ネックレス&イヤリング

    【2点セット】約8〜10mm 黒蝶パール ネックレス&イヤリング

    一度使うとすっかり魅せられてしまう方も多い黒蝶パール。この機会にぜひお手元に。

  • ヒスイ 念珠

    【 念珠のご紹介 】ヒスイ 念珠

    朝霧が立ちこめたかのように淡い色調のヒスイに、裏葉色の房を合わせました。やわらかな雰囲気を持つ念珠です。

  • MJCコンシェルジュトップへ